フライパンのお手入れ方法

この記事をシェアする

フッ素加工のフライパン

フッ素加工のフライパンは、油をあまり引かずとも、スルっと食べ物が離れてとても便利ですね。

お料理の際にも焦げ付きもあまりなく、油をあまり使用しないので、健康にも良いそうです。

お手入れの時には、フッ素樹脂がはげないように軽く優しく洗うことが大切です。

洗う際には、普段食器を洗っているような、柔らかなスポンジなどで洗うのがよいそうです。
汚れがひどい際には、フライパンを使った直後に、キッチンペーパーなどで汚れをふき取っておくと、後々の洗いが楽になるそうです。

汚れをそのまま放置してしまうと、なかなか落ちにくくなってしまいますので、フライパンを使用したらなるべく早く洗ってしまいましょう。

その後水気をふき取れば、それで完成です。
簡単ですね!

鉄素材のフライパン

鉄のフライパンは、表面に樹脂が加工してあるわけではないので、フッ素加工のフライパンとは違って、たわしなどでごしごし力を入れて洗っても大丈夫です。

ただ、洗剤を使ってしまうと、せっかくフライパンに馴染んできている油も落としてしまうために、洗剤は使わない方が良いようです。

基本的にはお湯とたわしでごしごし洗います。

しかし、調理するものによっては、臭いが付いてしまうこともありますよね。
もし、どうしても臭いを取りたい場合には、洗剤を使って洗っても大丈夫だそうです。

鉄のフライパンは使い込むほどに味が出る…と言われているそうです。

きちんとお手入れして、長く使用したいですね。

次のページでは、まな板やお鍋のメンテナンス方法について見ていきましょう!