包丁のお手入れ方法

このページでは、家庭でも砥石で包丁を砥ぎたいと思っている方向けに、砥石の使い方について調べてみました。 昔は包丁砥ぎ屋さんが近所を回っていて、母親が包丁を砥いでもらっていたのを思い出します。最近ではそういった方も少なくなっていますね。 家で砥石で包丁を砥げるようになれば便利です。 見ていきましょう。

砥石を使った砥ぎ方

現代の包丁は、品質が良く、よく切れるものが多いですが、やはり時間が経つにつれて切れ味も鈍ってきてしまいますね。
このページでは、包丁の基本的なメンテナンス方法について調べてみました。

今の包丁はそれぞれその包丁によって素材が違っているものが多いそうです。
そこで、新しく包丁を購入した際には、まず付属の説明書に目を通しておくと後々役に立ちます。
だいたいの説明書にはお手入れ方法が記載されていますので、そこに書いてあることをベースにお手入れしてかれるのが基本です。

包丁のお手入れ方法のポイントは「汚れが付いたら早めに洗う」ことだそうです。
ステンレスの包丁をお使いの方が多いと思いますが、錆びにくいステンレスの包丁でも、酸の強いものや、塩分の強いものを切った後に放置しておくと錆びてしまう可能性があります。
洗う際には、ステンレスに傷がつかないように、固いたわしなどで洗うのは避けたほうが良いようです。
包丁を洗う際には食器用の柔らかいスポンジに食器用の洗剤を含ませ洗います。
水気が付いたままにして放置しておくと、錆びの原因となってしまいますので、洗い終わった後はすぐに水気をふき取ってみてください。

ご家庭で、包丁を砥ぐ際には、砥石で砥ぐのが大変だと思われる方も多いと思います。
最近では簡易式の包丁砥ぎもあるので、手軽に包丁の切れ味を保つことが出来ます。
切れ味の鈍くなってしまった包丁を何回か引くだけで、鋭い切れ味をよみがえらせてくれます。
ホームセンターなどで、売っていますので、一度見てみてください。
それほど値段が高額という訳ではないので、手軽にお使いになれると思います。

フライパンのお手入れ方法

お手入れの難しいフライパン。 フッ素加工なのか、鉄でできたフライパンなのか、素材によってお手入れ方法が異なってきます。 このページでは、フッ素加工のフライパンと鉄素材のフライパンのお手入れ方法について調べてみました。 知っておくと便利ですね。 見ていきましょう。

お鍋やまな板のメンテナンス方法

調理する際にかかせないのが、まな板。 肉や魚を切ったりもするので、衛生面も心配ですね。 このページでは、まな板やお鍋のメンテナンス方法について調べてみます。 お鍋は、素材別にメンテナンス方法が違ってくるので注意が必要です。 それでは、見ていきましょう!